Bluetoothのメリット

無線通信には、Bluetoothの他にもNFCや赤外線通信があります。

他の無線方式に比べてBluetoothを利用するメリットは、

  • 長距離通信が可能(一般的にNFCは数十センチ、赤外線は5m−10m、Bluetoothは30m程度)
  • 遮蔽物があってもある程度通信可能(赤外線は無理です。)
  • スマートフォンなど多くの電子機器に搭載されている

などが挙げられます。

逆にデメリットは、

  • 通信機器の導入コストが高くつく(数千円程度)

が挙げられます。

ただ、Bluetoothは今後IoTの世界で中心となる技術なので、普及に伴い通信モジュールの製造コストは安くなっていくと言われており、それに伴い導入コストも低くなっていくでしょう。

まとめると、機器をカバンなどに入れた状態や壁のある場所でも長距離の通信が可能なBluetoothはIoTの世界にとってかかせない技術と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です